So-net無料ブログ作成
検索選択

右手負傷 [雑記 ・ 独り言]

なんと不注意な…。



全くの不注意…。

米子大瀑布と言う、長野県須坂市にある名瀑(真田丸のオープニングにも使われている滝)を「観に行って下りて来てから」、麓にあるトイレにちょっとした坂で、スリップ

右手を握ったまま手を付き、地面を殴るような形に。

この時、ドスンと言うのと同時にわずかに聞こえた小枝の折れる様な「パキ」と言う音…。

何となく嫌な感じがしたので手を洗いながら冷やす。
骨折をすると悪寒がするとか吐き気がするとか聞くけど、「やっちまったかもしれない」っていう精神的な面で震えが来た。

車に戻って副え木を考える。小指側だけだったら割り箸でもよさそうだけど、隣の指も動くと痛いので、定規を見つけて仮固定。





時間的に整形外科などはやっていないし、夜間診療と言うのも考えたけど、とりあえず帰宅。





夜。さらに腫れる。





炎症だけと願いつつ、翌朝、出勤後に付近の整形外科を探して行く事とする。





事情と症状を見せて付近の病院を探してもらい、診察。
レントゲンで小指側の中手骨骨折が確定。薬指の中手骨も、かも知れない。
矢印が付いてた。

年齢にしては硬い瀬戸物が折れた様な骨折面ではなく、骨の柔軟性を保ちつつ折れていたようで、骨のコンデションに関しては褒められた。
運動と普段の食事の賜物か。

状況的には治療として、固定による自然治癒と、手術によるリス(金属)固定と、どちらでもという事。
自由に動かせるまでの期間が短いのは金属固定。まぁそらそうだね。

ただし、取り出し再手術が必要。

専門の整形外科医の診察で相談する事にして、治療方針は一旦保留。仮固定で一旦終了。





けが人らしくなった・・・。





そして、17日の朝。ロキソニン湿布貼り換えの為包帯を外して手を洗う。





外傷はないので感染症関係は気にしない分管理は楽。腫れが引けば外見上は普通になりそう。
こうして見ても内部の事なので何も無いように見えるけど、内部は異常事態ではあります。





再度固定。





握る方向の動きはダメなのだそうなので、定規を当ててアレンジ。寝ている間に握る動きをしてしまいそうなので。





2012年に右手を犬に噛まれて不自由したのを思い出したけど、その後しばらくは左手でも箸くらいは使えるようにと思って練習していたけど、最近やっていなかったので全くダメでした…。

しばらくぶりの更新が怪我…。

経過報告ブログになりそうですね。


タグ:骨折 中手骨
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 4

sknys

歩行者に何の落ち度がなくても、空から鉄骨が落ちて来たり、道路が陥没したり、
暴走車が突っ込んで来る危険と隣り合わせの時代。
重傷でなくて良かったと思います。

自転車で転倒して左肘を骨折した男性や居間で躓いて右腕を骨折した女性ブロガーにも
コメントしましたが、
高校の体育で柔道が必修だったこともあって、今まで転んで骨折したことは1度もありません。
躰が無意識に受け身を取るようです^^
by sknys (2016-11-18 00:38) 

sakamono

やっぱり「パキ」という音がするんですね。ちょっとゾッとしました。
骨のコンディションが良かった、というのはさすがですね。
自分だったら、こんな応急処置はできないだろうなぁ。
とにもかくにも、お大事にしてください。
お見舞いのnice!を押していきます。
by sakamono (2016-11-19 11:24) 

市丸

うわあぁ(>_<)
しばらく不自由でしょうけど、無理せず
お大事になさって下さいね。
by 市丸 (2016-11-21 02:45) 

HOKUTEN

>sknysさん
30年以上一年中アウトドアで動いていて、自転車で吹っ飛んでも受け身をとったり、河原で浮石に乗ってひっくり返ったり、普通の人よりも危険な転倒もある中で、骨折は初めてですよ。
油断なさらぬように。



>sakamonoさん
ほんのわずかな音でした。
登山などで普段からセルフレスキューを意識しているからでしょうかね。固定器具が必要だなと咄嗟に思いました。
実は、触ってズレが無いかも確認しています。なので、折れたとしたらここだなって言うのも把握していました。
怪我なんてしないに越した事はありませんが…。
ありがとう。



>市丸さん
利き手ですと不自由ですねぇ…。いや、ともかく手を負傷すると色々不自由です。
無理はしないように回復に努めます。
ありがとう。
by HOKUTEN (2016-11-22 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。