So-net無料ブログ作成
検索選択

明日は関東圏 鮎・解禁 [釣り(鮎の友釣り)]

いよいよ鮎の季節です。明日は解禁日。待ち切れ無い方々が、今の時間にも川原に集まっていることでしょう。
たまたま当方も、明日は休み。では!!
っと行きたいところなれど・・・。残念。残雪が多くてテレスキーのツアーばっかりに気を取られていて、全く全然釣りに行ける状況では無い。
鮎釣りは少々装備に準備が必要なのだ。特に今釣りシーズンは、糸を買い直したりしたいのだが、釣具屋さんに行く事が出来ていない・・・。
とりあえずそんなものだから、明日は用事を色々と済ませてしまおう。そして、解禁の様子の情報を集めようか。
水温が低かったためか、遡上が遅れ気味で始まったと聞く。しかしその分、遡上はまとまって始まり、ある河川では昨年よりかなり多いと言っていた。

さて、昨年、お世話になった河川の囮屋さんに、今年はいつ挨拶がてら、鮎の初釣りに行こうか。
いよいよ、「初夏」である。


キリ番 [雑記 ・ 独り言]

okkoさんが、「キリ番ゲット!」
と、ハーボ君からの報告です。

今後も宜しくお願い致します。m(_ _)m


春雷 [季節のこと ・ 季時]

この所、関東では雷が多い。今日もまた雷雨だった。幸い本日の当方の仕事には影響が無かったが、屋外での仕事になるとまともに影響がでてしまう・・・。

春雷。
ここ最近の雷のように、暖められた空気に冬の名残の、大陸からの寒気の流入によって引き起こされる。雷雨のあと、完全に空気が入れ替わると、翌日には乾いた大陸の空気になるので清々しくなるのだ。
これは秋の雷雨とほぼ形が似ている。つまり、季節の変わり目に起こる雷雨。
芽吹きを促す雷とも言われているようだが、久し振りに聞く空一杯の大音響に、「もう目が覚めたよ!」と、突っ込みを入れたくなる・・・。


キリバン [雑記 ・ 独り言]

南雲しのぶさん。

来訪ありがとうございます。

おめでとう御座います。何も出ませんが・・・m(^^)m


あの積雪は・・・ [雑記 ・ 独り言]

この前、桶西へ行って来た事を記事にしましたが、そこでみたニュースを書くのが遅れました・・・。

こちら。

あんなにあった積雪が、見事に解けています。毎年繰り返される風景でしょうが、東京に居る者にとっては不思議ですね。

どちらかのブログで、「冬は降るだけ降って、あんなに苦労して除雪して、春には何も無かったように消え去り、あの苦労はなんだったのかと思う事がある」といった意味の事を書かれた記事を読みました。

まさにその通りですね。

以前、「日本は大変に珍しい気候であり、冬にはヒマラヤに匹敵する程の積雪量があり、夏には全て消えて熱帯のような気候になる」と、読んだ事があります。ここまで変わる地域は余り無いそうです。

ゆえに、ここまで四季がはっきりした国も余り例が無く、四季と言う物を敏感に映し出す文化もまた、貴重だと言えるのでしょう。

さて、梅雨の走りの長雨。ちょっと息継ぎしてもらえないものか・・・。

その貴重な積雪が消える前に、もう一滑りしたいのだが・・・?


山の雷は恐ろしい・・・ [アウトドア全般(登山含)]

先週の雷雨で記事にしたので、これまでで恐ろしかった雷の経験を・・・。
初めて山で雷に遭った時。
これに遭うそれまでの雷の中で、そしてその後の今までのなかで・・・、つまり今日までで最初に恐怖を覚え、その後にもこれほど怖かった経験は無い、最初の山での雷との遭遇。
それは大菩薩峠登山の時です。

続きを読む


木曜の雷雨 [雑記 ・ 独り言]

そうそう、木曜の雷雨、埼玉からの帰りにつかまってしまったが相当ひどかった。
車だったんだけど、水はけが悪い所はかなり溜まっていて、まるでクルーザー並みに水を跳ね上げてしまった。タイヤの跳ね上げで両脇がまるで水の壁状態。
幸い歩道の無い立体で、防音壁も高かったから大丈夫だろうが、歩道がある所は注意しないと歩行者にしこたま水を掛けてしまう。

続きを読む


え?行ったの? [05-06 スキーシーズン]

東京が朝から雨の土曜日、5月27日。
朝に思い付きで「やっぱり行くか!」と友人が「守門岳」にツアーに行った様だ。メールに「これから大岳滑降します」と来た。
ライブカメラを確認すると、新潟は晴れ。八海山が快晴の中にあった。これならば日本海側は天気が良かったろう。
滑降は下の小屋と避難小屋の中間部までで、林道も雪が無く、板を担いで歩きだったとの事。
でも一応、滑降出来る場所にはまだ雪はあるのね。残雪は多いなぁ。
こちらは何処で締めようか・・・。


予定の5月27・28日のツアー・・・は中止。 [05-06 スキーシーズン]

一泊二日予定の白馬方面ツアー、メインになる二日目の予報が悪いので中止となってしまった。
直前まで天気の予報がいい場所に代えるか悩んだが・・・、場所が無い。もちろん前回の燧ケ岳や会津駒なども考えたが、案としては今一だ・・・。
で、第二案として、白馬方面日帰りに行程も短縮する案・・・。しかし、協議が長引き、仮眠の時間が確保できず、万全ではないと言う事で却下。
天気が悪化するので日帰りエリア内でと考えると、もう少ないのだ。日帰りとしては遠いエリアならば、ワンデーで行ける所はあるが・・・、拠点からは交通が遠い・・・。
最終的には「余り乗り気がしない」と言う事で、ツアー中止を決定した。
さて、今シーズンのスキー、最終日取りになる再来週末、6月3・4日。場所はまだ不明だ。
そして、当方は3日土曜日は仕事・・・。
4日の日曜日のみとなってしまった。
いよいよ「終わりかなぁ・・・」と言う気が、しない訳でも無い・・・。


今週末、5月27・28日のツアー予定 [05-06 スキーシーズン]

先週のツアー、エクスプレッソの靴ズレ対策は成功した。
さて、今週末だが・・・、北アルプス方面・一泊装備なので少々ハードになるかな。かと言ってプラは今、履く気がしない・・・。
ん~、久々の「ローガン」に登場願うか。そして「GTS/Super」のリーバZ仕様を履いて行こうかな。これならばプラ&ワイド仕様よりは軽く、前回よりは滑降性能が高い。
これが今シーズンの実質的な「板収めツアー」になるだろう。
後は天候だ。


燧ケ岳・テレマークスキー・ツアー/エクステンション インプレッション [05-06 スキーシーズン]

さて、燧ケ岳より無事に降りて来て、荷物を片付けて・・・。
新たに板を車から降ろして・・・?
そう、試乗と言うもう一つの目的があるのだ。降りて来た時間も早いし・・・

続きを読む


燧ケ岳・テレマークスキー・ツアー/後半 滑降 [05-06 スキーシーズン]

さて、待望の滑降である。が、その前に・・・



革靴ですから、ちょっと結び直し。

そう、登りは靴紐を緩くして登り易くしているので、下る前にちゃんと結ばないといけない。
しかしこれが意外とコツが居る。左右の紐の強さが中々合わない。
私と友人は左は締まるが右足側が上手くフィットするように行かない・・・。

続きを読む


燧ケ岳・テレマークスキー・ツアー/前半 登り [05-06 スキーシーズン]

2006年5月21日に、「尾瀬・燧ケ岳」にテレマークスキーツアーをしてきました。
ちなみに写真の人物は全て友人。
先ず、「尾瀬の郷アルザ」で前夜車中泊して、8時前には御池着。既にかなりの車が停まっており、既に出発している人達も見受けられる。

続きを読む


日曜日のテレマークスキーツアー [05-06 スキーシーズン]

晴天であった日曜日に、尾瀬、燧ケ岳にテレマークスキーツアーに行ってきました。
ツアーの記事は、また後日で・・・。
今回はちゃんとデジカメで撮影して来ました。と言っても、少ないですが・・・。
では、報告を少々お待ちください。

後日記:燧ケ岳ツアー報告・アップしました。

《燧ケ岳から見た至仏山と尾瀬ヶ原》
浅草岳ツアーの写真は、同行の友人から入手出来そうです。お待ちください。
また、ツアーの報告記事に関しては、トラックバックを解除致します。


驚きと関心と、何故かホッと・・・ [釣り(全般)]

昨日、ホームセンターに行って色々と物色。驚いたのが釣りコーナーがある事だった。まぁ、嵌り切った者にしたら満足なんて出来る物はほとんどないのが現実だが、ホームセンターにあると言うだけでちょっとびっくり。ちょっと関心?
ま、大したもんはと思っていたら、ん!カーボンの竿があった。中国製。
大体がグラス竿とかと相場は決まっているのだけれど、「おぉ」っと思ってしまった。
何と無く期待せずに「ちょっと調子を・・・」と、伸ばして見た。
あ~・・・。
カーボン使っているから長さの割りに軽い、しかし・・・使えるかな?この竿。腰が無い、いわゆるベナベナ竿だった。値段はすこぶる安い。が、銭失いかな・・・。
何故か、ホッとしました。やっぱりちゃんと釣具屋で買おうね。


久し振りの自転車 [雑記 ・ 独り言]

自転車に乗って用事を済ませに出て見た。

そうしたらこんな風に青空だった。
ふっと、懐かしい曲が頭の中に流れてきた。

続きを読む


ハートフル桶西 [雑記 ・ 独り言]


これなぁーんだ?

うなぎ犬ではありません。「ネオケラ」と言う、貴重な魚です。

続きを読む


さてさて・・・ [雑記 ・ 独り言]

テレマークスキー・ツアーも、シーズン終着点が見えてきた。鮎も遡上して来た。虫も出て来た。釣りシーズンである?
今年は残雪が多いので粘ればかなり長く滑れそうであるが、12月1週目から滑って来て、しかも今シーズンはパウダーが多かったから、何と無く「もう満足?」って感じがしないわけでも無い。何と無く、そろそろ釣りがしたくなって来たのだ。多分、二週続けて天気が悪くてツアーに行かれなかった、と言うのもあるだろう。(月曜日の仕事で魚を見続けた、と言うのもあるかもね・・・)
でも、とりあえず今週は尾瀬。再来週末は白馬方面出動予定。
うぅ~でも、何だかフライがしたくなっているぅ~~・・・。
そうだ!両方叶う、「野反湖」へ行こう!(マジか??)


鮎の遡上よ、今いずこ・・・ [釣り(鮎の友釣り)]

今年は例年より遡上が遅れているらしいと言う情報が。残雪が多いから水温が上がりにくくて遅れているのやら?
ここの所、天気も悪いから水温低めだろうし。雪の消えて居る太平洋側の河川でも、日が当たらないとコケが成長しないし・・・、成育に遅れが出そう。この分だと初期は放流物かなぁなどと、勝手ながら想像したり。
去年は後半に鮎に力を入れたから、今年は少し休みつつの予定なんだけど、この時期はやっぱり気になるなぁ・・・。

そんなこんなで、解禁日に行くかどうかは別として、そろそろ鮎を触りたい・・・。


今日のフェレット [フェレット]

いつもはお留守番の日中、たまにはと納品に付き合わせた。片道一時間強。ちょっとドライブだ。
しかし、出かける直前に飛び跳ねて遊んだので疲れたか、向こうに着いてもほとんど寝ていた。車に乗っている最中は、いつも基本的には寝て居る。かまってくれないのが分かっているようだ。(時々ガシガシやって、何かアピールするが・・・)
だから今日は結局、「車で一緒に出た。」と言うだけだった。一人で寝てお留守番と、どっちが良かったのだろう・・・?
帰ってきてからも眠そうでした。

”きょうはつかれたぞ~”って感じかな?


白馬方面テレマークツアーは、どうやら再来週です・・・ [05-06 スキーシーズン]

では、今週末は?
日曜日は天候回復か?
友人と協議の結果、とりあえず尾瀬方面出動となりそう。まぁ、後、実際行けるかはその友人の都合とかで・・・ですね。板は悩みどころ。
前回「DOLOMITI・STEP」が、思った以上に滑りが良かったので今回もこれにしようかなと。斜度も、ちょっと気をつけてジグ切って行けばステップだけでも行けそうだし。日帰りツアーの道具はやっぱりライトでしょう。軽快にさくっと。
白馬方面は・・・、一泊予定だから荷物がある。そうなると、道具のサポートがいいプラ&ワイドかな。重い荷物の時は滑降が楽な方がいい。ただ・・・、足元ライト感覚が良くって、今はちょっとプラを履く気が薄い。荷がある時に優位なのは判ってはいるが・・・。
ま、とりあえずは今週末か。野反湖は歩き仕様だったから「MERRELL/FTSフラッシュ」を履いたが、今回は滑り要素があるので「エクスプレッソ」かな。
ん~、浅草岳で苦しめられた靴擦れ対策をしないとだ・・・。
今の所、この靴だけなんだよなぁ・・・靴擦れ・・・。


今年の遭難者増で思う事・・・ [社会 ・発言 ・ニュース]

山で死ぬ事・・・ 私観。
登山が好きで、山で死んだんだから本望・・・」
良く聴く言葉です。マスコミにさらされて、会見やらインタビューやらで追い詰められた親族の言葉でしょう。

続きを読む


障害者登山に意見 [社会 ・発言 ・ニュース]

南雲研究室 記事:募金で登山??? 
上記のブログで意見が長くなりそうだったので、人のブログ上で書くのも何かと思い、こちら、自分のブログで書く事にしました。しかも短く書けば書くほど、私の真意や意見が誤解されそうなので。
いきなり下文を読んでも意味が分からないと思います。上記ブログ記事を参照下さるか、以下のHPを参照ください。
簡単に書くと、長野に住む車いすの男性が、筑波大学の山海研究室で開発されたロボットスーツ「HAL」を使って4千m級の登山を計画。その協賛として募金つのっているのだが・・・。
詳細は  子どもたちへ届け with dreams 登山隊  

続きを読む


今のクーちゃん [フェレット]


ちょっと前までいたずらして歩き回っていたのだが・・・、パソコンに向かっていたらふてくされたのか、あきれたのか、自分からケージ(フェレットの部屋)に戻って丸まって寝てしまった。
終わったら遊ぼうと思ったのだが。
今日はちょっと冷えるから、フリースを掛けてやらないとね・・・。


デジタルカメラの調子 [雑記 ・ 独り言]

遅くなった帰りに、夜景を撮って見た。前回同様「増上寺」。
とりあえずはノイズも程よく押さえられていた。後は晴天下での描写なのだが・・・。晴れ間が少ない。昨日は晴れたが、ほとんど外には出られなかった。
まぁ、月曜日以降は少し、外にも出られようから試せるだろう。
明日?
天候次第でツアーに出たいが、どうなんだろう・・・?
来週は白馬方面遠征予定だ。もち、GTS&エクスプレッソ。(また違う板だったりして・・・)
晴れろ晴れろ・・・。


忙しいと・・・ [フェレット]

忙しくってフェレットとも余り遊べて無いかも。
いる時はずっと自由に出したまんまだから、こっちが寝ちゃっても一人で少し遊んでるけど、いつの間にか一緒に寝てる。
時々、顔を舐めて起こしてくる。
基本的には寂しがりやだから、一人の時間が長いのは苦手。
まぁ、とりあえず明日を乗り切れば、一段落だ。遊んであげよう。(遊ばれよう?)
暑くなって来て、蚊が出てきた。
フィラリア予防の薬をもらいに行かなくちゃ行けないしね。


購入したデジカメの写真 [雑記 ・ 独り言]

上の写真が先日買ったデジカメ写真だ。実は、この前々記事のスキー板写真にも使っている。
明るさは少々いじっているが、カラーバランスは変えていない。この天候では良く分からないが、発色はまずまずと思う。
しかし、今日は一日立ったまんまだった・・・。非常に足が疲れた・・・。
あと二日、立ったまんまが続く・・・。


私のフライフィッシング歴 について [釣り(フライフィッシング)]


お!フライの事ををいよいよ書いたか!って思う人もいるんだろうなぁ。知っている人は。
先ずは、鮎と同じく、釣行記を書く前の「フライフィッシング・自己紹介」
このフライフィッシングを何年やっているか、ここで書こうと思って調べてびっくり、22年もやっているんですね。いつの間にか20周年が過ぎていた。
筆者がはじめたのは中学二年。昭和60年。(これで年がばれる?)
フライよりも先に、毛針釣り(テンカラ)に興味を持った、そのきっかけが「釣りキチ・三平」(懐かしい~)だ。その半年後くらいに、「THE・Fishing」と言う番組でフライと言う毛針で釣っている姿をTVで見たのだ。
この時が実際の映像を見た最初の時であり、一番最初にフライフィッシングと言うものに興味を持ったきっかけである。
そこに写っていた釣り氏こそ、Tetu・西山こと、「故・西山徹」氏である。
佐渡の源流で岩魚を釣っているその番組は今でも残してあるが、劣化してきているのでデジタルに変換して保存しないとと思っている。ナレーションは大平徹さんで、佐々木功さんがゲストであった。
小遣いを貯めて、安いながらもコータックのセットを買うのに躊躇しなかったのは、それだけ興味を持たせたのだろう。
今でこそキャスティングスクールなんて近くにあるが、当時は本とビデオと、キャスター西山徹氏が先生であった。フライの番組を撮り漏れしないように録画しまくって勉強していたのを懐かしく思い出す。
高校生になって、バイト代とかでタイイイングツール(フライを巻く道具)を買ったり、社会人になって毎週のように釣りに行ったり、一頃は随分と熱中した物である・・・。
社会人数年後からは鮎釣りの方が毎週行くようになって、今ではその頃程、フィールドに出る事は多くはなくなっている。
夏には鮎釣り、冬はテレマークスキーで、フライをやれているのは初夏と晩秋の端境期くらいにしかやっていないのが現状だ。
そんなものだから釣り暦だけは長くても未だに上手くなっていないが、それでも面白さは色あせず、ずっと続いているのである。
そして、これだけ長くやってきて辞めていないと言う事は、このフライフィッシングと言う釣りは、多分、これからもずっと続けて行くのである・・・。


細板・ダブルキャンバー・フラットソール [テレマークスキーの道具]

 
タイトルに書いた板を、近所のとあるお店で頂いてしまった。
ディメンション、実測61-54-58。「MOUNTAIN HIGH」というKAZAMAの板に、貴重なシュイナードのスリーピンが付いている。
こういった細い板はもう乗らないからと言う事だが、私としても、手に入りにくい板だけに嬉しかった。
双方の利害が一致したと言う事だろうけど、そんなに細板主義に見られたか?はたまた、今時珍しい買い物をしていたからか・・・?
前記の、革靴「エクスプレッソ」も、細板「DOLOMITI/Step」も、ここで買ったのだが。
さて、すぐに乗りたいところだが、試しに履くにはもうスキー場はほとんど締まっている。OFFにいきなりと言うには細いので、試したい気はする。(まぁ、ダブキャンフラットだから、歩きがあるようなツアー向きなので、そう言った場所でいきなりでも良いんだけど。)
話は早いが、来シーズンだろうか。ちょっと、既にシーズン開幕頃が待ち遠しい??(鬼もあきれる・・・)が、来年の話では無いんだよね。
半年スキーシーズンって、凄い国かも・・・。


コンパクトデジカメ [雑記 ・ 独り言]

OLYMPUS CAMEDIA X-500
以前コンパクトデジカメを買おうかと書いていたのですが、ようやく買いました。これで気軽な写真は撮りやすくなった。(以前のSONY Pシリーズの方が小さいが・・・)
なんせ、前使っていたコンパクトデジを落としてから、ちょっとした写真も一眼デジカメを持ち出していたのだ。これならスキーツアーでも、簡易的ながら動画も撮れる。
作品は一眼デジ、記録はコンパクトデジと、今までのように使い分けになった。
しかし、ちょっと経っただけでも技術革新はすごい、以前使用していたコンパクトデジカメよりも綺麗に写るね。
感心感心・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。